天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
風邪
2015-06-30 Tue 11:48
日曜日の夜から ちび子は 発熱。

月曜日の朝も 熱を計ると
37度7分あったので 幼稚園は お休み。

喜んでた(-_-)

ところで 火曜日は 年少さん全員で
お弁当と おやつを持って

いつもとは 違う 広めの公園に行く予定になっていたので

どきっとする。

おいおい そういう行事で 
ちび子が 休んでいる間に 
みんな仲良くなって また 距離ができると困る・・・・

と、最近では 小さなことも 少し気になるので

火曜日は 熱が下がっていてほしい・・・・

と、願ってましたが

今日は 朝 元気で 平熱。

本人も お弁当と おやつを持って
園に行きたい、と 張り切っていたので
ほんと 良かった。

「ママ、透明になって見に来てね。
 お菓子を食べてる時に
 一個だけ ママにもあげるからね。」

約束だよ、と 言いながら
バスを待っていたら

不運にも 雨が降ってきていたけど

まあ、おやつ持って喜んでいるので
良かった。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最近の仲良し友達
2015-06-27 Sat 21:57
ところで 最近 不思議ママと 
どこに行っても 偶然出会って
しかも 近所で 

しかも 子供が 生年月日が全く同じで

しかも 子供が 園のバスコースが前同じだった。
(今年から 変わったけど)

そして、バスコースが変わったけど
子供同士も ばったり園で出会うと仲良し、ということで
急接近。

今日 突然 家に遊びに来てくれたけど

家に来ると

「え! このDVDプレーヤー うちと一緒。
 (ディズニープリンセスの)

 え! ちび子の一緒の 食器。一緒の箸!」

そして、不思議ママと

「ちょっと 待って。
 前 ちらっと思ったんやけど

 もうすぐ30歳になるって言ってた?

 私 実は もうすぐ42歳になるんやけど
 干支何?」

「丑です。」

「やっぱり~
 これ、一回り違いの 同じ干支じゃないかと
 思った~

 ちょっと 年 離れすぎ~?
 
 あまり年上過ぎたら 遊んでもらえなくなったら
 いけないから この前は 言わなかったけど(笑)」

と、恐ろしいほどの 共通点。

「歩いて行けるほどの 近所でこんな
 気の合う人を発見できたのは ほんと奇跡!
 ほんと感謝してる~」

「こっちも、こっちも!
 栃木に来てから 気の合う人
 全然いなかったからね~

 最近 隣のママと 不思議ママと急に二人と
 急接近して しかも近所だから
 ほんと 感謝してる。

 こんな近所に住んでて
 なんで 今まで 出会わなかったんだろ?」

と、お互い 感謝しあう。

そして、不思議ママと Rちゃんが
おみやげに 持ってきてくれた風船を抱っこして

「Rちゃん、ありがとう。
 ほんとに ありがとう。
 夢でも遊ぼうね」

と 言いながら 風船を抱っこして
眠りについた ちび子。

とても 楽しかったらしい・・・・
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
心の中に 見えない お手紙
2015-06-26 Fri 13:03
昨日は 給食を 完食した ちび子が

「ママ。今日 給食全部食べたよ!
 お野菜も!

 ママ 透明になって 見てた?」と言うので

(ちび子 自分が園にいる間は ママが透明マントを来て
 透明になって 自分の近くで見てると思ってる)

「見てたよ。」

と言うと

「ちび子も ママが 見てるかなあ、と思ったの。
 それでお礼に 心の中で ママにも
 ご飯あげたよ。」

と言ってたので

「ありがとう。
 ママも ちびこに 透明のお手紙書いたよ。

 ちびこちゃんへ。
 頑張ってるね。ママが いつも見守ってるので
 大丈夫だよ。大すきです。

 って 書いて ちび子の心の中に
 送ったんだよ。

 届いた?」と聞くと

「届いたよ。
 また、心の中へ お手紙
 送ってくれる?」

と 喜んでた。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
もう すぐ泣くのは 終わりにする
2015-06-25 Thu 11:56
昨日は 園から帰って一緒に公園へ・・・

ちょうどいい お友達も見つからず

ひとりで ポツンと立って
口をぱくぱくさせながら

「さみしい、さみしい・・・・」と 小さな声で言ってた。

ほんと ちょうど良い年齢の お子さんが今日はいなかったので

「じゃあ、あの男の子のところに行ってごらん。」
と 同じ位の年齢の男の子と なんとなく
ついたり離れたりしながら遊んだ。

そして

「ちびこは 前のクラスでは楽しかった~

 今は 冷たい感じが 心の中に入ってくる時がある。

 嫌な気持ちがする時がある」

と言ってたけど

「今日は ちょっとしか泣かなかったよ。
 すごい?
 もう すぐ泣くのは 終わりにする。」

と、決心したようなことを言っていましたが

今日は 朝から ちょっとしたことで泣き

(人生 そんなに すぐ変わらないようで)

どんよりと 沈みながら
足取り重く お迎えのバスに乗っていった。

(あんまり 悲壮感を人前で出さないタイプで
 園でも 手のかからないタイプで
 あの子は 大丈夫と 思われやすいので

 たまに 泣きながら 行った方がいいだろう、と思い
 あえて さほど なぐさめず

 どんよりしたまま 行かせましたが

 どうだったでしょう?)


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
 
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
なるほどね~
2015-06-24 Wed 11:54
昨日も帰ってから

「幼稚園に行きたくない。休みたい。」と言っていた ちび子ですが

朝 なんとか 励ましながら
玄関で 靴を履いていると

(ところで ちび子は ちび子の拘りのある
 とっても 可愛い靴を 持っている。

 「歩く度に光って」「プリキュアの靴で」
 「キラキラとした宝石がついていて」
 そんな靴を いつも 探していたんですが
 近所にはなくて、他の靴では嫌だ、と言うので

 まあ、別に急がなくても 一番気にいった靴にすればいっか、と

 それこそ、実家の三重に行った時も 靴屋にいったし
 (でも 理想の靴がなくて)

 四国の靴屋に行った時に ようやく
 ちび子にとって 最高の完璧な靴をみつけて

 それ以来 誰にでも 靴を見せていましたが
 最近は あまり 履いてなかった)

「これじゃない!(プリキュアの靴)
 これじゃない!(サンダル←園には 履いていけない)
 これじゃない!(長靴)」と 

靴入れの扉を 自分であけると

以前履いてたけど 最近は 履いていない靴を取り出して

「これにする。」と 靴を履きながら

「これ、新しい靴だよ。」と 言って○ちゃん達に見せるね。
 じゃあ、○ちゃん達、怒ってこないよね・・・・」

と、言うので

「なんで 怒ってくるのよ?」と言うと

「それ、駄目ーーー!!!」って 言うんだもん。

と、言ってたので

あっ、なるほど、

それで、前から ちび子が

「○ちゃんはね、新しいピンクの靴を買ってもらったんだよ。」と何度も言ってきたのか~

ただ、自分も新しい靴を買ってもらいたいのかと思って

「ちび子は 可愛い靴を持っているじゃない。
 買ったばかりじゃないの」

と、言ってきたんだけど

どうも 「靴が可愛くない! 私の方が可愛い!」とか言うことを
言われたのを 気にしてたらしい・・・

子供だから そんなことは よくある話だと思うけど

ちび子・・・ ものすごく いろんなことを
気にするタイプ・・・(私もだから 分かる)

結構 子供の言うことって なんでも意味があるんだな。

ところで、
「新しい靴だよ」と見せるには あまりにも
ぼろっとした靴だったので

次は
「きたなーい!」とか「可愛くなーい!」とか言われるんじゃないか、
せめて 洗ってあげてから 見せたら・・・と言おうと思ったけど

バスのお迎えの時間だったので
とりあえず、言いませんでしたが

あれって どうなっただろ?

でも、子供って そんなこと よくある。

母子家庭だったり ほんとに お金がなくて
新しい靴を買えなかったり

流行りのおもちゃを 全く買えなかったりすることって
ある、と思うんだけど

子供は 学校などで
恥ずかしい思いをしながらも
親の気持ちも 意外とよく分かってたりして
それなりに 自分で 我慢したりしてる。

ほんと 子供時代も何かと いろいろ大変で
自分では 解決できない 理不尽な問題も多いから
それなりに いろいろ考えてますよね。

子供時代の経験や 思ったことって
大人になってからの人生に ほんと大きく
影響を与える・・・と 実感しますね。

昨日 歯医者で 読んだ週刊誌で(また?って感じですが)

秋野陽子が 昔 家が貧乏で
お母さんが 財布に10円しかない、って見せてくれたけど

子供心には 財布に10円しかないことよりも
その財布がボロボロだったことが 気になって胸に残った。

大人になってから
どこかに旅行に出かける度に

お母さんに財布をおみやげに 買って帰るんだけど
思えば その記憶が頭に残っているからかも・・・という記事を読んで

ほんとほんと 小さい頃のことって
ほとんどは 忘れてるんだけど

何故か 今でもリアルに思い出せるくらいの
はっきりした思い出があって
(意外と 大きなイベントの思いでではなく
 日常的なささいな瞬間の思い出)

よく考えると
それが 自分に影響をあたえている、と思うこと
私も よくある、と 大きく頷きました。

なるほどね~の続きを読む
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| クリスタル・ドリーム | NEXT