天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
「司馬遼太郎全集13」 『俄~浪華遊侠伝~』司馬遼太郎
2010-11-12 Fri 09:30


司馬遼太郎全集13巻の 「俄~浪華遊侠伝~」読みました~

今までの歴史ものと 一風変わってて 任侠の第一人者、明石屋万吉が主人公。
(実在の人物らしいです)

めっちゃ 痛快!
面白い!

とにかく、貧乏、から始まる。

父に捨てられ、母を養うために 奉公先から感動してもらい無宿者となった万吉は
幼い自分が どうやったら 金を得られるか・・・
思案したあげく、みんなの目の前で子供ばくちをやっている胴元から 
ごっそりと お金を奪う。

袋叩きにされても 絶対にめげず金を手放さない万吉の迫力に 
目の前でお金を奪われている 子供たちも 恐れをなす。

そこから 子供ばくち荒らし→大人のばくち荒し→任侠街道ひた走る。

という 図式になっていきますが
今のヤクザというと なんとなく 弱い者にたかるようなイメージがありますが
明石屋万吉は 違います。

とにかく どんな事でも 頼まれたら嫌とは言えない男気が常に顔をだし
一円にもならない事に 命がけ。

どんな拷問にも 意地で耐える。

大親分になっても 一円にもならない事に奔走し、
そして 一円にもならぬどころか、
持ち出し、持ち出しで 借金までして街の治安を守ったり 悪がきの教育をしたり
貧しい人、病気の人を集めたり

どんなに 損な話でも 懲りずにまた 引き受ける明石屋万吉。
何でやねん(-_-)/~~~ピシー!ピシー!と 思いますが その気持ちは分からんでもない。

そして、損ばかりしているようで どこかで 人生のつじつまがあってて

幕末に助けた、長州人に、維新後助けられたり
昔 なんの義理もないのに 頼まれて助けた人が後で大きくなって
万吉の子分になったり、

「あっ、明石屋万吉さんが 言うことなら聞かねばなるまい」

と、どっかで 昔助けられた人がつながっていっていて
ピンチで助けられたりするところも 人生に希望が持てる。

どんな損な事も 通りすがりのような人にでも
100%命をかけた全力投球する 明石屋万吉。

超かっこいい!
痛快で、すっきりする小説でした~


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ラパ産ガネーシュヒマール水晶、ゴールデンヒーラーなど | クリスタル・ドリーム | 昼さがり、たそがれ丸>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |