天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
私が赤ちゃんだった頃
2014-08-07 Thu 16:36
ちょっと前から

三歳位の子供って 赤ちゃん時代(一歳位のこととか)
意外と よく 覚えてるんだな~と 感じることがありましたが

最近は特に

「ちび子が 赤ちゃんだったころは、
 洗車する大きなタワシが 嫌いだったの。
 怖かったから え~ん ママ~って泣いたんだよ。」

「ちび子が 赤ちゃんだったころ ママに抱っこされて
 あそこに行ったことがあるんだよ。」とか

「赤ちゃんだったころは ちび子は
 パパとママのこと そんなに好きじゃなかったの。
 だって、ちょっと まだ恥ずかしかったんだよ。
 今は パパもママもだ~いすき!」

とか、自分の赤ちゃんだったころの話をよくしてくれますが

最近は

「ちび子は 雲の上で ジュースを飲んだり
 お菓子を食べたりしながら、ママのことを いっつもじ~と見て
 いつも 守っていたんだよ。
 ちび子は 怖い神様じゃなくて やさしい神様なの。
 カミナリを 落とす神様じゃないよ。
 よく怒る神様でも ないの。
 優しい 神様なんだよ。

 もし、ママが 死んだら
 小さくなって ちび子のお腹の中に入ってきてよ。

 そしたら、ちび子のおっぱいが大きくなって
 おっぱいをあげて、おせんべいみたいなお菓子をあげて
 ちび子が 育ててあげるから。

 後のお楽しみだよ~。

 だから、大丈夫だから、心配しないでよね。」

と、よく言ってる。

「ママ、小さくなって ちび子のお腹の中に
 入ってきてね。可愛がって育てるからね」と。

今から ママを育てることを
楽しみにしているらしく

「お楽しみだよ。」と

よく言ってる・・・

ところで、その話が 予言的に本当だったとして
ちび子のお腹に入って ちび子に育ててもらうとしたら

早くて あと20年から30年の命なのか~(私が)
と、がっくりと 思ってしまう。
(いや、もっと 早く死んでから しばらく雲の上にいて
 お腹に入る場合もあるだろうから もっと早く死ぬ場合も・・・、と。笑)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<お盆 | クリスタル・ドリーム | 古河の花火大会>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |