天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
四国八十八か所
2014-10-18 Sat 16:00
四国八十八か所は 一番から七番までは
順番通りに、後は 宿泊所の関係上 バラバラに近いところから
行ってきました。

(今回は、会社の旅行会社で泊れるところしか行けなかったので
 仕方ないですね。)

一箇所つずつ お大師様と握手、といいながら
結縁の紐を ちび子も握手していきました。

そして、淡路を通る時に 兵庫の方に たまたまメールを送ったら
急きょ 兵庫から四国まで 来てくれて
しかも同じ宿泊所に宿泊し
一緒に お参り出来たり・・・とびっくり!なこともありました(^-^)

DSC02917_convert_20141018152953.jpg

ずっと行きたかった 四国ですが
行く先々で ちび子は お菓子や お遍路ドコモダケのマスコットを頂き
(四国の方、優しい・・・・・)

そして、いろんな お遍路さんとの出会いがあり
ほんの短い ひとときですが
言葉を いろいろ交わしながら

ある人は 何かを探しに
ある人は 信仰心、
ある人は おかげさんをもらって 感謝の気持ちで
ある人は、お願い事があるのかもしれない、という感じの

いろんな人と ふれあったり すれ違ったりしながら

1200年もの間 毎日 いろんな人が この土地を訪れ続けてるって
ほんと すごいな~と思いました。

一人の人間が この世に産まれて(お大師様)
これだけ 長い間 さまざまな人々に影響を与え続けてるって
ほんとに すごい。

そして、我々は 金毘羅さんの ふもとに 
4泊もしてたんですが

(獅子丸も連れていってたので ペットも泊れる宿って
 そんなになくて)

金毘羅神宮にお参りするためには
800段位の階段があり 

ちび子を抱っこして 登っていくのは
無理だから、今回は 金毘羅さんは お参りを断念しようかと思っていましたが

最終日、朝4時半に 獅子丸が そわそわしはじめ
オシッコに行きたいようだったので

眠いけど 仕方なく
獅子丸を散歩させに出かけ

帰って、また寝ようと思いましたが
眠くないし 中途半端な時間やな~と
思いながらも 朝までは まだまだ時間があるし
一応 布団に入ってみましたが

いや待てよ。 先日 友人が
朝早いうちに 金毘羅さんに お参りしてきた、って言ってたな、
今、ちび子が寝ている間に 一人で行ってきたらいいのか~と
突然、気付き、

金毘羅さんに登って降りると 大体一時間かかるそうですが
その時朝5時前。

ちび子が 朝6時半ころに起きるから
行って帰って来れるな、と思い立ち、

急いで外に出てはみましtがが でも その時間は まだまだ 真っ暗。

「こんな時間に お参り行ってもいいんかな?
 ちょっと怖いし」と躊躇しながら

まあ、でも今しか 行けないし せっかく来たんだから、
と、階段を登り始める。

途中で いくつか、鳥居や門があり
暗くて 怖いな~ もう少し明るくなってから・・・・

でも、明るくなるのを待ってたら 帰るのが 遅くなっちゃうしな~と
ちゅうちょしてると 男の人が 一人で来て

挨拶を交わしながら 「この人についていこ。」と
ついていく。

そして、途中で ちょっと迷ったら
そこに 座っている お遍路さんに

「こっちに行ったら いいんですか?」と聞いたりしながら

登っていきました。

暗いのとちょっと 怖いのよねえ。と
ドキドキしながら。

そして、無事に参拝をすませ
ほっとして おみくじを引くと

「暗くて見えない道も だんだん明るくなるごとく
 幸い次第に加わる運なので あせらず騒がず
 進むべき時に進んで何事も成就する」と書いてあり

まさに 今 その通り。

暗い道を登ってきましたが
頂上に来ると 明かりがさし始め

行きは こわごわ登ってきた階段も

帰りは、道中に 道を教えてくれた 70代のお遍路さんと一緒に
楽しく しみじみ 人生の話しなどを聞きながら

「3歳の子供がいるから 寝ている間に一人で来たんです。」と言うと

「あんた、ええ内職したな~
 これから、ええことあるよ。」

「さっき、あんた カメラで記念写真とってあげてたや~ん。
 また、ひとつ 徳を積んだな! ええことあるよ。」

と、口ぐちに「ええことある。ええことある」と
言われて なんとも 嬉しく ほんとに気持ちも明るく

そして、歩きながら 「ほんと、感謝やな、感謝やで~」
「ほんま 感謝やな~」と しみじみ 言いながら
ゆっくり一歩一歩降りていく お遍路さん達。

すれ違う人達も あちこちで

「感謝やな。」「感謝、感謝。」と 

掛け声ではなく 本当に 心から しみじみと
一歩ずつ 歩きながら おっしゃっていたのが

一個ずつの細胞に 染みわたるように
なんとも 言えない しみじみとした感動がありました。

お参りに行くと ちょっとしたきっかけで
「あ! そういうことなんや!」と いろんなことに
気付いたりすることがありますが

「何」ということでなく
しみじみと 染みわたるように 感動することも ある。

ほんの 一時の出会いでしたが

お遍路さんとの別れの時は

みんなウルウルと 涙、涙・・・・

「ほんまに 出会えてよかった。なんとも別れがたい・・・」

「こちらこそ、暗くて一人で 不安な時に
 助けて頂いて ありがとうございました。」

と 手を握りあい、また 涙・・・・・

こういうところが お遍路さんをする いいとことなんやろな~

同じような目的で、同じ場所を めぐり
一期一会の出会いがあり 何か分からない感動を受け取り
何かが 自分の中で 変わっていくという・・・・

と、行ってみて
体感しないと分からないもんだな~と つくづく 思う。

そして、家に帰って 片付けなどや いろいろたまった
忙しい用事を しながら

今日 お遍路さんのテレビをたまたま見ていたら

「自分にしか 分からない感動や
 気付きがあ。5歳位の小さな子が 声をかけてくれて
 「お接待や。」と言って お菓子をくれた。
 その時は 涙が出て止まらなかった。」とかいうような内容のことを言ってましたが

そういう 人からしたら
なんや そんなこと・・・・というような小さなことで

何故か 全身から 湧き上がるように感動するようなことがあるってこと
よく、わかる、よくわかる・・・と思いました~

ほんと 時間があれば
歩き遍路したいくらいですね。

ちょっと遠いので 今度は 何年後に行けるか・・・・・????

でも また必ず 何度も行きたい場所でした~

ところで ちび子も 前よりも ますます
お大師様が 好きになったみたいで

四国から帰って 自宅のドアを開けた瞬間に

「お大師さまも お腹すいてるって言ってるよ~
 やまぶどうあげる~(ちび子が選んだ 自宅へのおみやげ)」と

慌てて やまぶどうの ドライフルーツを持って
お大師さまに お供えに自ら行っていました。

その後も 何かにつけて
お大師さまの お世話を 焼いている。

ふと見ると
お大師様の仏像の前に 私のストッキングが丸めて置いてあったりとか・・・(-_-)

(お団子らしい・・・(-_-))

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<着物ドレス | クリスタル・ドリーム | 四国八十八か所への旅>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |