天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
思い川 道の駅
2015-01-12 Mon 00:32
毎年 思い川の道の駅で どんど焼きがやっているので
正月飾りを持って行き、 ついでに
道の駅のこども広場で 遊んできました。

200円で入場できる滑り台などがある子供広場や

アンパンマンのゴーカートみたいな乗り物や
100円、200円の乗り物などが いくつかあるところ。

子供広場で 遊んでいると
一人の可愛い 女の子が 突然 ちび子の手をとると
ぐいぐい引っ張って 遊びに連れていってくれました。

(そういうのは大好きな ちび子ですが)

連れていってもらった先は はしごで登る滑り台。

ところで ちびこは 高いところも
はじめての遊具も 何もかも苦手で

半年以上通っている幼稚園の ぐるぐる滑り台も
一人で滑れません。
(本人の話や、先生の話や、お友達の話から 推察していましたが、
 先日 幼稚園に行く機会があり、帰りについでに
 幼稚園の遊具で遊んで帰りましたが
 予想以上の 出来なさに びっくり。
  でも 本人 いわく (半年かけて)
 「ちょっとだけ、慣れてきたみたいだよ。
  でも、まだ ちょっとだけ怖いの」と
 すごい スローペースで 遊具に慣れてきている様子。
 (ちょっとだけ))

とことで ちび子は 晴れた日は 毎日のように
うっかりすると 雨の日もレインコートを着て

公園に遊びに行って遊具も 何度もチャレンジしていましたが
それでも こういう感じなので

ほんとに 苦手なんだな~~~~と つくづく思います。

まあ、幼稚園では 子供達も先生も
そういうところを よくわかっていて
優しく手をとったり 背中をおさえくれて ゆっくりゆっくり遊んでいるんでしょうが

初めて 会った子は 当然 出来るもの、と思っているので
「早く、早く~(登っておいでー)」と 呼んでいて

困惑する ちびこ。

おいかけて 登りたいんだけど
ほんと 困惑・・・という感じだったので

一瞬、「どうする?自分で出来るか 見守った方がいいのか。
     助けてあげた方がいいのか?」

と、しょうもない一瞬でも 子育てって 迷いますが(私は)

まあ、でも ちび子にとっての遊具って 
ほんとに 心から 苦手なものなんだと思うし

別に 無理矢理 やらせなくても
困っているんだから 助けようよ
別に 滑り台なんか、仮に一生出来なくても
どうだっていいんだし、と 即座に判断し

それまでは お友達が手をとって 遊んでくれるんだから、と

少し離れてみていましたが

そ~っと近づき
背中をおさえながら

「大丈夫だよ。
 ママが後ろで そっとおさえているからね。
 自分で 頑張って登ってごらん。
 落ちてきたら おさえて 受け止めてあげるから」

というと

本当に 困っていたようで

「マーマー。マーマー。
 ありがとう。大好き~~~~~~~~。
 もっと おさえて~~~~~」

と 喜んでいた。

上まで ようやく登り
滑り台を滑るのも 心配だったようですが

「大丈夫、ここで 受け止めてあげるから~~」というと

頑張って 滑っていましたが

割と傾斜は ゆるめの 優しい滑り台だったので
自信になり

また、頑張って(登るのは 手助けがいるけど)
滑っていました。

そして 帰り道

「マーマー。ちょっとだけ、慣れたみたいだったよ。
 でも 怖い時も まだ あるの」と やっぱり言っていました。

(ほんと 人間 誰しも ゆっくりしかできないことって
 あるんだね~。と思いながら)

「別に、いいんだよ。
 ゆっくりだって、いいんだよ。
 別に 出来なくたっていいんだしね~。
 怖くないように ゆっくりやったら いいんだよ。
 だって、他に出来ること 一杯あるしね~」

と、言いながら 帰る。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<出来ること 出来ないこと | クリスタル・ドリーム | TUTAYAにジバニャン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |