天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
親も知らないうちに・・・
2015-06-11 Thu 23:37
年少さんになって 新しいクラスになってから

 ちび子は 幼稚園で
今まで 仲良しだった お友達と よく喧嘩してるらしい・・・・

「「Mちゃんに ついてこないでよ~」と 言われたから
 「いいよ~ 一人で 遊ぶから」と言って
 一人で遊んだ~」とか

「ちび子が 先に赤いスリッパを とったから
 Mちゃんが 怒った~」とか

「ちび子が いっちば~ん!と言ったら
 Mちゃんが 怒ったから
 「いい加減にしろ~!」と言ったら
 Mちゃんも「いい加減にしろ~!」と言うから

 「真似するな~」と言ったら
 「真似するな~」と言ってきたんだよ」

とか いうので

「へえ。それで、ごめんね。って言って
 仲直りしたの?」と聞くと

「仲直りしてな~い。明日する~」と言っていたけど

今日の朝も 心配そうに

「Mちゃん、今日も悪い子かなあ?」と言っていたので

「悪い子?

 (へえ。Mちゃんが 悪い子になったと思ってるんだ~と、思って)

 ちび子が 「いっちば~ん!」って 言ったから
 Mちゃんが 怒ったんでしょ?

 ちび子が「いっちば~ん」って言ったら
 Mちゃんは いちばんじゃないみたいで
 嫌な気持ちになったんじゃない?

 ちび子だったら、どう?

 そしたら Mちゃんも ちび子も みんな
 いっちば~ん!って 言ったら どう?
 
 別に競争じゃないんだから。」

と、言うと う~~んと言う顔をしていましたが

今日、幼稚園からの帰りに
ぽっぽバスから 降りてきたちび子は
また、明らかに元気がなく

しょうもないことで
「え~~~~ん」と 泣いていたので

一緒に アイスクリームを食べに行って

さりげなく

「Mちゃんと 仲直りしたの?」と聞くと

「仲直りしてな~い。」と言っていた。

子供にしては 仲直りするの 遅いな、と思うけど

「Mちゃんはね、テラスを走っていて
 転んでえ~んと泣いたんだって」とか話もしてるので

「ごめんね」とは 言ってないけど
話は してるのか・・・・・????

それとも それは もっと前の話なのか

子供の話は よく分からん。

こういう場合 どういうべきか・・・・

あまり 細かく立ち入って
友達に譲ってあげたら、とかいうと
ちび子の性格では 「絶対 そうだ」と思いこんで
全部 自分が我慢して ストレスだけ抱えそうだし

(前回 食事の時は アニメをみない、と約束したら
 自ら アニメだけでなく
 テレビ自体を 一切みなくなって
 「ママ、ご飯食べるから テレビ消して」とか言ってるし)

かと、言って

明らかに お友達と 上手くいかない部分も出てきたみたいなので
どの程度 立ち入るか・・・・

自分が 3歳や4歳の頃って
お友達と、どうだったろう?と

と、考えても 全然 思い浮かばない。
(忘れてる)

と、いうことは 嫌なことがあっても
忘れてる程度のことなのか・・・・と思ったり

まあ、今度 個人面談があるから
(一人 10分程度の)

先生に 幼稚園での様子をよく聞いてみてから
もっと よく考えよう・・・・と思いながら

ほんと、大人になっても
何が正解か なんて 分からない時だってあるし
これが絶対正しい、と思っていても
後になって考えると

随分 子供じみた
狭い視野の出来事だった、と思うこともあるくらいなので

子育て自体も 何が正解なのか
どう言うべきなのか、
っていうのは 結局 よく分からないなあ、と。

結局 子供に対しても
今の自分が 経験と知識を総動員して
一番 良いだろう、と思うことをするしかない。

何が正しいか、なんていうことは 分からないけど
例え 子供に対しても 100% 誠実に対処するということしか
出来ないなあ、

後になって 少し大人になった自分が間
違っているかな、と思ったら
その時 訂正するしかない、
(結局 その時は 分からなかったわけだから)

でも、まあ、もっと考えてみると

ちび子も 人のところまで言って
学級委員のように 厳しく注意するところがあるんだけど

それって 私にそっくり。
そこまで 人のことに 突っ込まなくても・・・と思うけど

そのことについても

ほんとに そうだなあ、と思って納得したのは

私自身、つい最近くらいのこと。
(その前にも いろんな 壁にぶつかりながらも
 直ってない)

まっ、そんなことを思うと

3歳で 完璧な訳ないんだから

早いうちに 人に怒られたり
喧嘩したりして 学ぶ方が いっか、とも思う。

私自身、大人になってから
壁にぶち当たったり 嫌われたりして
学んだことって 多いしね~

それこそ、親が知らない間に生えてくる
親知らずの歯じゃないけど

親が知らない間に 学んだことって 
数 多くあるなあ、と思う。

子供の頃から 病弱で
すごく 人見知りで
親とも 親戚とも 全く 喋らないような子供だった私が

大人になると 主に接客業をして
いろんな人脈を作って
ものすごく 多弁に過ごしている、という様子を
初めて 見た 親は さぞかしびっくりだったと思うし。

(あの子に そんな一面が・・・と)

見た目をそうさせるには
心の中の葛藤や いろんなことも
親が知らないうちに 沢山あり

そして 結局は
本当の性格は 変わってないような気もするんだけど

でも、ほんと どんな人生を歩んでも
悩み、苦しみ 迷い、忍耐がつきまとうと思うけど

自分も それなりに 生き抜いてきてるので

子供も いろんなことがあっても
生き抜いていけるはず・・・・

と、信じて 見守る位しか
出来ないんでしょうね~

大きくなればなるほど。

自分は 40歳なら40歳の知識と経験があって
子供は 常に まだまだ 3歳だったり
10代だったり 20代だったりして

常に 自分からみたら 危ういけど

まさか 40歳の自分と3歳の子供が一緒なわけないし

60歳の自分と20歳の子供が一緒なわけないんだから

常に危うく 心配に思いながら

「こっちが 正解だよ!」と思って
それは 自分と同じく 失敗しないと分からない部分もあるから

見守っていくしかない、なんて

結構 親も 忍耐を学ぶんでしょうね~




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 育児(三歳) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日も | クリスタル・ドリーム | ちび子が 守ってる>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |