天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
予感
2016-02-14 Sun 18:37
ところで 人が亡くなるときというのは
いろんな 予感があるもので

私の場合は
1月の25日に 父に会うのがぎりぎり意識があるところ
27日に亡くなるか 容体が急変し
27日を乗り切っても 31日には もう遅い・・・
2月までは 乗り切れないんじゃないか・・・と
ずっと思っていましたが

亡くなる前日には
父が総代をしている 地元の神社の宮司さんが

(この神社の所有する土地と 周辺の地元の住民の土地の
 境界線が あいまいで
 100年に及ぶ、土地争いがあったようなんですが
 
 遷宮にあたり、その問題を どうしても解決しないといけないと
 誰もが思いつつ 誰も解決できなかったんですが
 
 それを 父が 一年かかって地元住民を説得し
 そこそこ円満に 解決をしたそうなんですが
 その手続きが 全部 終わったということで
 宮司さんがお見舞いにいて)

「総代さん! 全部 終わりましたよ!
 今日、全部 手続きが終わりました!
 ありがとうございます! ありがとうございます!
 今日、全部 終わりましたから」と 泣きながら
おっしゃっていて

それを聞いたときに

父の会社も 完全に弟に引き継ぎしたし
総代さんの引継ぎも終わったし
100年に及ぶ 土地問題も 全部終わったという報告を聞いて
ああ、明日には 父は 旅立つな・・・と思いましたが

父自身、その日は
お見舞いに来てくれた 名古屋の弟さんに
遺言めいたことを 息もたえだえに伝えて

「もう体力が もたない。
 明日の朝が 峠になるだろう」と 言っていたので

次の日は 名古屋の弟さんも

「今日、兄が他界した、と連絡があるだろう、と思って
 いつでも 行けるように準備していた」と言っていたし

私の弟も 朝
「地元の神社に お参りに行かないといけない」と思いながら
一回 神社の前を通りすぎていったんだけど

「やっぱり、今日、行かないといけない」と思って
引き返して 神社にお参りにした、と言っていて

宮司さんも この日の朝
神社で

「もう、そちらに 総代さんが向かいますので
 よろしく お願いいたします」

と 伝えた、と言っていて

私のいとこが お見舞いに来た瞬間に
父が息をひきとったんですが

そのいとこも

「俺が行ったら おじさんが
 死んでしまう、と思ったから
 行きたくなかったんやけど・・・」

と言っていて

こういう 特別なときというのは

なんとなく、みんな 研ぎ澄まされて
いろんな 予感が あるもんなんだなあ、と

思いました。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<視点を変えてみると・・・・ | クリスタル・ドリーム | 恐怖のマラソン大会>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |