天然石・パワーストーンの「クリスタル・ドリーム」のショップブログです☆ 本日の新作情報や、愛犬の獅子丸、今日読んだ本などを 主に掲載してます☆
霊界物語
2016-07-14 Thu 12:07
ところで 昨日 ちびこは
「おじいちゃんが 死んだまま ちびこの時は
 止まっている・・・(悲しいまま)」

と、聞いてびっくりしたんですが

・・・・と、いうのも もう私は 全然悲しくない。

49日までは 自分でも意外なほど悲しい気持でしたが
それを すぎると 不思議と もう悲しくない。

まわりの人も みんな
「お父さんは 神様に近いところに行って
 神様に奉仕しとると思う」とか

「まあ、天国で楽しく 暮らしてるよ」と言ってるし

私も そう思うので

天国で ほんとに ちびこの書いた絵をたまに見てるかも?

たまに天国のテレビで ちびこのことや 
自分の会社を継いだ私の弟のことを見てるかも?と思ったりしてますが

果たして 実際には 死んだ世界って どんなところ?って
それが きがかり。

そして
「誰も書けなかった死後世界地図」


が、すごく 面白いな、と思って読んだわけですが・・・・

と、言うのも

「古事記」とか「日本書紀」とか
「ホツマツタエ」とか神界のような物語は 割と好きで よく読んでいたんですが

でも、神様の世界って 壮大すぎて
よくわからないところもあったし

自分自身、地獄に落ちるほどでもないと思うけど
神様に近いところまで行くほどでもない・・・という感じなので

この誰も開けなかった死後世界地図に出てくる
主人公のフランチェッツオ(死んだ後 あの世から話しかけてる人)が、
人間味あふれていて(欠点だらけで 死後に後悔していて)

比較的 地獄に近いところから 
だんだんと 反省したりしながら
上の方の世界に登っていってるんですが

それでも そんなに すごく高いところまでは行けてない、
普通なところの世界の話しを 結構しているので

身近で面白かったんですが

100年前の海外で その本が書かれて
ベストセラーになったということですが

今 現在の日本で 私が見てきたり聞いてきたりした
死生観と(地獄があったり 反省する部屋があったり
学校もあったり) ほぼほぼ似てるじゃん! 共通してる・・・

と ふむふむと 思ったりするんですが、

父が亡くなった後 父が持っていた

出口王仁三郎の「霊界物語」全十四巻をもらって帰ったんですが
(時間がなくて 一日 二ページほどしか読めないので
 全然進んでないんですが)
 


夢物語のような 壮大な話なんですが
また それも なんとなく面白い・・・・

ものすごく大きな世界の山があり 竜宮があり 神様たちの戦いがあり・・・・

と、読んでいると・・・

いや、待てよ、

お大師さま ご自身が書かれたという

「空海全集」なども熟読しましたが

「妙高山の高さは十六万踰繕那
 六つの海の広さは 八万踰繕那
 風輪の厚さは 十六億踰繕那・・・

(踰繕那・・・という単位は 十六里らしいので)

壮大すぎて さっぱりつかめません・・・( ゚Д゚)
と さっぱり よくわかりませんでしたが

こう並列で いろんなものを読んで眺めてみたりしていると

「いや、待てよ・・・
 今まで そういうの読んできたし
 天国と地獄絵図なども お寺などでよく見たりしてて
 そういうのあるんだろうな~と 感じていたけど
 なんとなく抽象的な イメージ、比喩的なイメージを持っていたんだけど

 いろんな人が 共通したようなことを書いているわけだから

 それって ほんとに そのまま
 リアルにそういう世界なんじゃないの( ゚Д゚)!

 よく三千世界とかいうけど
 ほんとに 無数の いろんな世界がリアルにあるんだ。

 そして 書いてあるとおりに
 ちょっと人間では想像も出来ないほどの
 スケールの大きな 山や 湖などが あるのかもしれない・・・」

と、急に いろんな本の文章が
リアルに身近に感じられてきた 今日このごろ・・・・

 

 
 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<三連休・・・・ | クリスタル・ドリーム | 時がとまったまま・・・>>
この記事のコメント
書評投稿サイト「本が好き!」のご案内
突然のコメント、失礼いたします。
書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューを投稿していただきたいと思いコメントいたしました。
(無料会員制サイトです)

弊サイトにはその名の通り、本好きが多く投稿しており、交流することで今までにない本と出会えます。

ご自身のサイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
2016-11-14 Mon 11:46 | URL | 本が好き!運営担当 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| クリスタル・ドリーム |